鼻の毛穴の黒ずみ、その原因は?

鼻は一番目立つ部分です。さらに、毛穴が他の部分よりも大きいので黒ずみやすい。ということで、鼻の毛穴に悩んでいる方も多いです。

 

 

鼻の毛穴の黒ずみの対処法がいろいろありますが、きちんと実践していても、なかなか解消出来ないという方も少なくありません。ケアしても解消できないのは、黒ずみができる原因によっ、ていろいろなタイプがあるから。ですので、適切なケアをするためにも、自分の黒ずみのタイプと、その原因をきちんと知っておきましょう。

 

詰まり汚れタイプ

黒ずみでもっとも多いのが、角栓が酸化して出来る詰まり汚れタイプです。皮脂や古い角質、メイク汚れなどが混ざり合って毛穴に詰まって角栓となり、これが空気に触れて酸化することが原因となります。触るとざらざらして、ファンデーションも綺麗に乗りません。隠しにくいのがこのタイプの特徴です。

 

オイリータイプ

次に多いのがオイリータイプです。これは、肌の乾燥やホルモンバランスの乱れによって、皮脂の分泌が過剰になってしまうことが原因です。オイリータイプだと、メイクをしていても皮脂がどんどん分泌されてしまい、押し広げられた毛穴に溜まってしまうので、余計に黒ずみが目立ってしまいます。

 

色素沈着タイプ

もう一つ厄介なのは色素沈着タイプです。紫外線対策をしていなかったり、ゴシゴシこすったりすると、毛穴の周りの皮膚が刺激を受けてメラニンが大量に生成されます。それが沈着してしまうと、毛穴がシミのように黒くなってしまうため、黒ずみが出来てしまうのです。

 

このように、毛穴の黒ずみを引き起こす原因はいろいろあります。その原因にあった対策を行っていくことが、解消のコツになるのですね。

 

 

顔の毛穴

顔の毛穴を消す方法
顔の毛穴を隠すのではなく、消したい!そんな毛穴に悩むユーザーのためのサイトです。

 

 

 

 

 

毛穴パック除去する

鼻の毛穴の黒ずみの原因となる汚れや角栓を取り除くのに、もっとも即効性があるのが毛穴パックです。毛穴パックは、汚れや詰まりを根こそぎ取り除くことができるので、黒ずみの解消にとても効果的。ただし、根こそぎ取るのは毛穴に負担をかけてしまうため、間違った方法だとトラブルを引き起こしてしまいますから、正しい方法をしっかりと守って行うようにしましょう。

 

 

毛穴パック

シートタイプと洗い流すタイプの2種類あります。シートタイプは、黒ずみが気になる部分に貼り付けて、汚れや角栓を根元から引き剥がすことで黒ずみを解消します。洗い流すタイプは、クレイやオイルなどで汚れを吸着したり浮かせたりして黒ずみを落とします。

 

まず、どちらのタイプも、最初に洗顔をして肌を綺麗にしておかなくてはいけません。洗顔をしないと表面の汚れだけしか取れないので、きちんと洗顔をしておきましょう。

 

シートタイプは、貼り付ける部分をしっかりと濡らし、シートを丁寧に貼り付けて乾くまで待ちます。乾いたら、刺激を与えすぎないように少しずつ剥がしていきましょう。洗い流すタイプは、蒸しタオルでしっかり毛穴を開かせたら、クレイやオイルを塗って10分程度放置してから綺麗に洗い流します。

 

パックをし終わった後の毛穴はうるおいが奪われていたり、角質が傷ついてしまっているので、化粧水と美容液でしっかりケアしましょう。もし、毛穴が開いていたら、収れん化粧水や冷水などでしっかり冷やして毛穴を閉じてください。毛穴パックをするとしっかり黒ずみが取れますが、頻繁に行うと肌を傷めてしまうので、2週間から3週間に1回ぐらいの頻度でケアをするのがおすすめです。

 

 

 

洗顔で除去する

鼻の毛穴の汚れは、黒ずみまで進行してしまうと、普通の洗顔では落とすことができません。もし洗顔で落ちるのであれば、普通は毎日顔を洗うのですから、黒ずみができることもありませんよね。ですが、汚れや角栓で黒ずんだ鼻の毛穴も、洗顔で解消する方法があるのです。

 

 

毛穴の黒ずみを洗顔で除去する方法

毛穴を開かせてから洗うということです。黒ずみが出来ていると毛穴が開いているように思えますが、これは汚れが詰まっている状態なので、広がっているとしても開いているわけではありません。

 

また毛穴を開くというのは、分かりやすく言うと「毛穴を緩める」ということなのです。汚れが詰まって固くなっている毛穴を緩めて柔らかくすれば、洗浄成分によって黒ずみの元となる角栓を取ることができます。

 

毛穴を開く

毛穴を開くのにもっとも効果的なのは、蒸しタオルを使う方法です。しっかりと濡らしたタオルを、レンジで30秒から1分程度加熱すると蒸しタオルが出来上がるので、これを黒ずみが出来ている部分に当ててスチーム効果で開かせます。そして毛穴がきちんと開いたら、ぬるま湯で全体をすすいでから、洗顔料をしっかり泡立てて洗っていきましょう。

 

 

この方法は即効性はありませんが、毎日きちんと続けていけば、頑固な黒ずみも洗うたびに流されていきます。一つ気をつけたいのは、黒ずみを落とすためにゴシゴシ洗わないこと。毛穴を開いて洗顔料で洗うだけで汚れは落ちていくので、こする必要はありません。こするとそれが刺激となってメラニンが生成されて、色素沈着を起こすことがあるので、たっぷりの泡で優しく洗い、しっかり流すことを心がけてください。